高血圧とは?

高血圧とは、血液が動脈を押し広げようとする圧力、つまり血管に強い圧力がかかりすぎている病気のことです。

血圧は、日常生活の様々な影響を受けて常に変動しており、たまたま測った血圧が高かったとしてもそれだけでは病的な状態とはいえません。
血圧をくり返し測っても高血圧の基準値よりも高い場合に高血圧症と診断されます。
血圧が高いということは、血管の壁に内側からかかる圧力が通常より大きいことで、血管の壁に悪い影響を与えることになり、いろいろな疾患の引き金になります。
最高血圧(収縮期血圧)が140mmHg以上、あるいは最低血圧(拡張期血圧)が90mmHg以上が高血圧です。どちらか一方でも超えれば高血圧と診断されます。
日本高血圧学会の高血圧治療ガイドラインでは、最高血圧140mmHg以上または最低血圧90mmHg以上を高血圧と定義しています。

なぜ高血圧は危険なのか?

高血圧とは、血液が動脈を押し広げようとする圧力、つまり血管に強い圧力がかか高血圧の自覚症状としては、頭痛・頭の重み・めまい・肩こり・耳鳴り・動悸、息切れ・胸の痛みなどがありますが、一様に症状が弱く、気づかない場合がほとんどです。
そのため、アメリカでは、高血圧症のことを「サイレントキラー(沈黙の殺人者)」と呼んでいます。症状があったとしても、他の原因かもしれないので、高血圧が原因であると思う人は少ないのですが、高血圧をそのままにしておくと、やがて動脈硬化や心臓病、脳卒中などの合併症をおこします。高血圧の恐ろしさは、この合併症にあります。

動脈硬化は全身に起こり、血液の流れを悪くしますが、とくに多くの血液を必要とする臓器である脳や心臓などに害が及びます。
心臓の筋肉に酸素と栄養を運ぶのは冠動脈(冠状動脈)と呼ばれる血管ですが、これが硬くなると血液の流れが滞り、そこに血のかたまりができやすくなります。こうして血管が詰まって心筋が血液不足になるのが、虚血性心臓病(狭心症や心筋梗塞)です。
いっぽう、脳の動脈が硬くなると、心筋梗塞と同じようなプロセスで脳梗塞が起こってきます。また、硬くなった細い血管はもろくなり、そこに高い圧力がかかると脳の血管が破れて出血する、いわゆる脳出血も併発する可能性もあります。脳梗塞と脳出血など、脳の血管の障害が原因となって脳が正常に働かなくなる、これを脳卒中といいます。
一度このように脳の血管が詰まれば脳梗塞、手や足の血管が詰まればその先のしびれにつながり、一度大きな発作が起こると、命にかかわる場合も数多くあります。

改善策
→ 健康茶人気ランキングTOPに戻る


ページの先頭へ戻る
これらの口コミは、個人的な感想であり、効果・効能には個人差があります。そして、プレゼントや特典内容が変更されている場合がございます。あくまでも参考の一つとしてご活用してください。
塩分が気になる方向け健康茶 人気ランキング比較  高血圧とは? 高血圧症の原因 茶葉のチカラ 運営者
©2010 塩分が気になる方向け健康茶 人気ランキング比較サイト. all rights reserved.