健康茶・高血圧用語集

アサヒ飲料、健康ブレンド茶「アサヒ 十六茶」をリニューアル発売

朝の健康ブレンド茶

十六素材でしみわたるミネラル!常温でもおいしくブラッシュアップ

朝ブレンド「アサヒ 十六茶」

2011年2月8日(火) リニューアル発売!

ハンディエコボトル採用  

 アサヒ飲料株式会社(本社 東京、社長 菊地 史朗)は、カフェインゼロの味わいが体にしみわたる朝の健康ブレンド茶「アサヒ 十六茶」の、中味・パッケージをリニューアルして、2月8日(火)より全国で新発売します。

 「アサヒ 十六茶」は、1993年に発売されたブレンド茶のパイオニアで、十六素材の厳選素材を使用した「味わい」と「健康感」でお客様にご支持をいただき、本年発売19年目を迎えるロングセラーブランドです。

 アサヒ飲料の調査で「朝の健康的な水分補給」ニーズを背景に、お客様の飲用実態を見ると、朝購入したお茶飲料をお昼前までかけて飲む仕事中の“ちびのみ”ニーズがあることが分かりました。

 そこで、今回のリニューアルでは、十六素材を見直し、ゴマ・熊笹にかえてグァバ葉・アマチャヅルを採用し、素材ごとに焙煎度合いを調節。絶妙なブレンドで配合することで、「朝の健康的な水分補給」にぴったりな「カフェインゼロ」、「十六素材のミネラル含有※」設計を維持しつつ、仕事中の“ちびのみ”ニーズに対応し、常温でもさらにおいしく飲んでいただけるように仕上げました。
※この商品のミネラルとはリン・カリウムのことです。

(従来品)
 ハトムギ・大麦・ハブ茶・黒豆・玄米・とうもろこし・発芽大麦・びわの葉・昆布・ゴマ・熊笹・柿の葉・桑の葉・あわ・きび・ひえ

(2011年『アサヒ 十六茶』)
 ハトムギ・大麦・ハブ茶・黒豆・発芽大麦・玄米・びわの葉・とうもろこし・柿の葉・昆布・アマチャヅル・グァバ葉・桑の葉・あわ・きび・ひえ 

 ネーミングは、東洋発想の「六臓六腑」「四味覚」の考えに基づき、この「六」+「六」+「四」を足して、カラダにやさしく、そしておいしくという願いを込めて「十六茶」と名づけています。

 パッケージは、おなじみの「十六茶」のロゴはそのままに、十六素材が目立つように白色を背景にしました。また、「カフェインゼロ」「十六素材でしみわたるミネラル※カリウム、リン」など「朝の健康ブレンド茶」としてのポイントと、今回リニューアルした「常温でもおいしい」というポイントをお客様に分かりやすく表現しました。

 また、今回のリニューアルにあわせ、PET500mlには、アサヒ飲料が独自に開発した環境配慮型ユニバーサルデザインボトル「ハンディエコボトル」※を採用します。

■ハンディエコボトルとは 
 お客様の使いやすさと環境負荷低減を追求した新型ボトルです。
 アサヒ飲料の独自技術により、従来品比約24%の省資源化・軽量化を実現、500mlPETボトルでは最軽量※となる18gを達成しています。※2011年1月14日現在
 軽量化と同時に「お客様の使いやすさ」を考え、開栓時・飲用時のそれぞれのボトルの持ち位置を調査し、「開栓時」と「飲用時」はボトルの異なる位置を持つ特徴があることに着目した新形状「ダブルフィット」型形状を採用し、キャップを開けやすく、飲用時には安定して持ちやすく設計しました。
 更に、「ハンディエコボトル」には「バイオマスラベル」※を採用。従来のバイオマスラベルに比べ厚さを40μから35μへと12%程度薄くすることで省資源化をはかり環境負荷低減を追求していきます。

 ※植物由来の原料であるトウモロコシのでんぷんから作られたポリ乳酸を使用したラベル。アサヒ飲料では、2008年、PETボトル入りの清涼飲料水のラベルとしては業界初の取り組みとして「バイオマスラベル」を採用しました。 

 2010年の「アサヒ 十六茶」は、お客様の無糖茶飲料に対するニーズに対応し、朝ブレンドを中心に『ご飯がすすむ十六茶』、『減肥ブレンド 十六茶』、『食事と一緒に十六茶』『濃厚ブレンド十六茶』『ラテブレンド十六茶』などのバリエーションを展開し、前年比111%(1,636万箱)を販売しました。

 2011年は、引き続き「十六素材の健康ブレンド茶」という価値の上に、18年培ってきた十六素材のブレンド技術を活用し、お客様の日々の健康をサポートする商品展開を行ってまいります。

 ※ 製品画像・商品概要などは、関連資料参照

● 関連リンク

● 関連資料

 

あ行
あ  荒茶(あらちゃ)圧縮茶(あっしゅくちゃ)
い  一番茶(いちばんちゃ)
う  嬉野茶(うれしのちゃ)烏龍茶(うーろんちゃ)
お  遅れ芽(おくれめ)大福茶(おおふくちゃ)大走り(おおはしり)
か行
か  カフェイン(かふぇいん)カテキン(かてきん)
き  緊圧茶(きんあつちゃ)玉露(ぎょくろ)急須(きゅうす)
く  苦渋味(くじゅうみ)茎茶(くきちゃ)
け  ケンフェロール(けんふぇろーる)玄米茶(げんまいちゃ)畦畔茶(けいはんちゃ)
こ  古茶(こちゃ)香味(こうみ)合組(ごうぐみ)
さ行
し  新茶(しんちゃ)生葉(しょうよう)蒸熱(じょうねつ)秋冬番(しゅうとうばん)渋味(しぶみ)仕上げ茶(しあげちゃ)
た行
た  タンニン(たんにん)
ち  沈渣(ちんさ)茶素(ちゃそ)茶渋(ちゃしぶ)
て  出物(でもの)手揉み製茶(てづみせいちゃ)摘採(てきさい)テアニン(てあにん)
な行
な  生茶(なまちゃ)夏茶(なつちゃ)
に  二番茶(にばんちゃ)日干(にっかん)
は行
は  ハマ茶(はまちゃ)ハブ茶(はぶちゃ)番茶(ばんちゃ)
ひ  火香(ひか)火入れ(ひいれ)
ふ  浮葉(ふわ)
ほ  本茶(ほんちゃ)棒茶(ぼうちゃ)焙じ茶(ほうじちゃ)
ま行
み  実生(みしょう)
む  むれ蒸し(むし)
め  芽茶(めちゃ)
や行
や  八女茶(やめちゃ)山茶(やまちゃ)
ら行
り  緑茶(りょくちゃ)
わ行
わ  若蒸(わかむし)
高血圧向け健康茶のクチコミランキングへ戻る


ページの先頭へ戻る
これらの口コミは、個人的な感想であり、効果・効能には個人差があります。そして、プレゼントや特典内容が変更されている場合がございます。あくまでも参考の一つとしてご活用してください。
塩分が気になる方向け健康茶 人気ランキング比較  高血圧とは? 高血圧症の原因 茶葉のチカラ 運営者
©2010 塩分が気になる方向け健康茶 人気ランキング比較サイト. all rights reserved.